手っ取り早く不動産業者選びをしたいのであれば「とにかく査定をしてみる」がポイント

「何事も経験が一番」とよく耳にします。 賛否両論はあるかと思いますが、時と場合によっては、経験することで飛躍的にレベルアップできることもあることは事実。 不動産業界に関しては、特にこのような状況が顕著に現れる場合があるのです。

今回は、これをテーマにお話を進めていきたいと思います。 具体的には「不動産売却を初めて行うときイメージを持ちたいなら…とりあえず査定をしてみよう」という内容になります。 まさしく、何事も経験という格言がピッタリの方法というわけですね。

前置きはこれくらいにしておいて、早速、以下より詳しいお話をしていきたいと思います。

■不動産業者の感じを掴むためには最良の方法

不動産売却でお世話になるかもしれない業者がどのような感じなのか?と気になるのは当然のこと。

だからこそ、査定をとりあえず依頼をしてみるとよいでしょう。 簡易査定と訪問査定の2種類がありますが、根掘り葉掘り質問がしたいのであれば、訪問査定を選択するとよいかと。

■査定担当者へ質問をしつつ相性チェックもできる

ちなみに、訪問査定で直接、話をした場合、必ず担当者との相性もみておくとよいです。

「この人なら良さそう」など、こういった第一印象も非常に重要な意味を持ちます。

査定とは、不動産物件の目安となる金額だけではなく、業者そのもの、担当者など観察すべき点は多くあり、これを元に比較をしていくとよいかと思います。