決して軽視はできない不動産業者の担当者との相性

不動産業者選びに迷ってしまうことは多々あります。 それだけ、慎重に慎重を重ねて行っていく作業になるため、ごく当たり前のことと言えることができます。 では、迷ってしまったときは、どのようにして対処をしていけばよいのか?という点を今回のテーマとしてお話をしていきたいと思います。 とはいえ、全てのお話をしていってしまうと、いくら時間があっても全く足りません。

ということで、今回は「担当者」に焦点を充てて進めていきたいと思います。 意外と重要であり、意外と大きな決め手になる部分でもあります。 特に、まだまだ不動産売却というものに慣れていない方は、ぜひとも一読して頂きたいと思います。

それだけ「意外と簡単な判断基準になる」というわけですね。

前置きが長くなってしまいましたが、以下より早速お話をしていきますので、ぜひ目を通してみてください。

■担当者との相性をチェックする理由は?

不動産売却というのは意外と長期間にわたって行うことになる場合あります。

言い方を換えると、担当者と長い付き合いになる可能性があるということです。 だからこそ、相性をしっかりとチェックをして「この人だったら任せられる」という気持ちになるか?という点で比較していくのも1つの手です。

もし、相性が悪かった場合、業者を変えることも辞さいない覚悟で比較をし直すのもよいかと。

とはいえ、業者を変えたくない場合は担当者変えを直談判するものよいでしょう。